KIZASHI

コンサルタント紹介

兆株式会社

  • 近 藤 保
    近 藤 保 Kondou Tamotsu
    兆株式会社 代表取締役 創業者
    名古屋工業大学大学院修了後、三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。銀行では、支店営業及び本部においてデリバティブ商品(金融派生商品)の営業を推進、全社WEBビジネスの企画と推進を行う。
    2000年より大手エグゼクティブサーチ会社に入社。同社の大阪拠点の立上げメンバーであり、西日本エリアの責任者を経て、取締役ヘッドハンティング事業部長として全社のエグゼクティブサーチ案件を統括。その間、サーチ・コンサルタントとしても金融分野を除くほとんどの業界において、上場企業の社長サーチから事業承継案件、特殊スペックのエンジニアサーチまで幅広い実績を残す。
    自らが理想とするヘッドハンティングを通じ、強く活力ある企業社会を実現すべく、2011年に兆株式会社を設立。
    現在までに通算800件以上のヘッドハンティング実績(うち上場企業の代表取締役ポジションで20件超、取締役・執行役員ポジションで約250件)を有する日本を代表するトップクラスのヘッドハンターのひとりである。
  • 石河 玲子
    石河 玲子 Reiko Ishikawa
    兆株式会社 取締役 パートナー
    兆アソシエイツ株式会社 取締役(兼務)
    兆株式会社の創業メンバーの一人。取締役 パートナー。慶應義塾大学法学部卒業後、電機メーカーの特許部に勤務、日本における知的財産戦略の勃興期を経験。その後、財団勤務等を経て、1999年に当時創業4年目の大手エグゼクティブサーチ会社に入社。13年にわたり様々な製造業、プロフェッショナルファーム、流通サービス業等の国内外にわたる企業幹部のサーチに従事。新設の名古屋事務所の責任者を務める等、同社の成長を支える。また、2000年代初頭より、社外取締役招聘プロジェクトを多数手掛けてきた。
    2012年より、社会に貢献する企業と変革を担うビジネスパーソンを結びあわせ、豊かな未来創生の一助となるべく、兆に参画。エグゼクティブサーチの他、大学において、キャリアプランニング、職業観醸成等の講演も行っている。
    慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
  • 石部 秀樹
    石部 秀樹 Hideki Ishibe
    取締役 パートナー
    兆株式会社の創業メンバーの一人。取締役 パートナー。1999年横浜国立大学経済学部を卒業後、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、デロイトトーマツコンサルティングにて組織・人事コンサルティングに約5年間従事。2003年三洋電機に入社。人事部門にて人事制度企画やM&A、組織再編等のプロジェクトに従事した後、2005年より1年半にわたり中国統括会社に人事責任者として駐在。2007年大手エグゼクティブサーチ会社に入社。主に関西エリアの企業の経営幹部、エンジニア等のサーチを手掛ける。2012年兆の創業に参画。主に西日本エリアにおいて、事業系・管理系の経営幹部から、研究者、エンジニア、コンサルタントまで幅広いサーチ実績を有する。
    横浜国立大学経済学部経済法学科 卒業
  • 望月 髙志
    望月 髙志 Takashi Mochizuki
    パートナー
    東京大学卒業後、トヨタ自動車に10年在籍。南アフリカを中心に、トヨタ車の海外マーケティング業務に従事。退社後、ジュエリー製造メーカーの光彩工芸入社。同社の販売子会社の社長を務めた後、同社の管理担当取締役として管理部門を統括すると同時に同社の公開(IPO)プロジェクトの責任者として社内体制を整え、1995年に店頭公開。
    その後、終身雇用、年功序列が崩れ、激変している日本の経営環境の中で、これからは 「人」の時代だと確信し、98年にエグゼクティブ・サーチ業界に入る。日本コーンフェリーインターナショナル、縄文アソシエイツ、ハイドリック・アンド・ストラグルズジャパン等を経て2015年当社にパートナーとして参画。
    20年に及ぶエグゼクティブ・サーチ経験を通じて、製造業から消費財・流通、サービス業、ヘルスケア、メディア・エンターテインメント関連も含む幅広い分野で、数多くの経営幹部(CEO、CFO、営業・マーケティング責任者、人事責任者、工場長、研究開発責任者等)のサーチを成功裏に手がけてきている。また、投資ファンドの投資先企業の経営者のサーチにも実績を挙げている。
    日本一を決める「日本ヘッドハンター大賞」にて2010年、2011年2年連続で第一位のMVP(メーカー部門)と優秀賞を受賞
    東京大学経済学部経済学科卒業
    コロンビア大学経営大学院 MBA
    コロンビア大学経営大学院 日本同窓会幹事
    元山梨県行政改革委員会委員
    一般社団法人日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート No.15724
  • 白澤 祐子
    白澤 祐子 Yuko Shirazawa
    コンサルタント
    出版・マスコミ業界でキャリアをスタートし、2002年よりエグゼクティブ・サーチに携わる。日系大手のサーチ会社である縄文アソシエイツにて6年間リサーチ業務の経験を積み、その後、米国系の人材コンサルティング会社大手であるハイドリック・アンド・ストラグルス日本法人にて、インダストリアル領域、およびジャパン・デスクのシニアアソシエイトとして8年間勤務。大手製造業、サービス業のCEO、CFOポジションや外資系企業のカントリーマネージャーポジションなどの案件においてリサーチおよびサーチエクセキューションを担当し、多くの実績を上げた。2016年に兆に参画。豊富な経験に基づく綿密で丁寧な仕事ぶりに定評があり、現在はコンサルタントとして、幅広い業種のシニアポジションサーチ案件で活動中。
  • 古田 桂大朗
    古田 桂大朗 Keitaro Furuta
    コンサルタント
    立命館大学産業社会学部卒業後、大手人材紹介会社である ジェイ エイ シー リクルートメントに入社。主に外資系IT企業をクライアントとし管理職級のリクルーティング業務、およびチームマネジメントを経験。その後、エグゼクティブレベルの紹介に特化し、外資・内資問わずIT企業における経営幹部層(社長・役員・執行役員)や、デジタルトランスフォーメーションのキーマンのプレイスメントを経験。同社では、年間MVPを始めとして複数年度におけるトップコンサルタントとしての表彰に加え、複数のクライアントよりトップエージェントとして表彰された。
    生き生きとした社会の実現にとって価値あるプレイスメントを突き詰めるべく、2020年、兆に入社。
    立命館大学産業社会学部 卒業
  • 山内 昌之
    山内 昌之 Masayuki Yamauch
    顧問 リーダーシップ担当
    現在は東京大学名誉教授。北海道大学文学部卒業。東大で学術博士の学位を取得し、助教授と教授の時代を合わせて30年間務めた。教養学部(大学院総合文化研究科)では、イスラーム史と中東政治の教育と研究に従事した。その一方、『政治家とリーダーシップ』『リーダーシップ』『嫉妬の世界史』などの書物でリーダーの在り方を軸に現代文明論を考察してきた。30回に及ぶ『文藝春秋』誌の紙上連載を終え、現在『文藝春秋digital』で継続連載中の「将軍の世紀」は、家康以来の将軍・官僚や商人のリーダーシップ論を軸に、日本人の心性と行動原理を探る試みである。
    20代終わりのカイロ大学客員助教授、トルコ歴史協会研究員(アンカラ)、ハーバード大学研究員など海外での教育研究活動などを踏まえて、東大の読売新聞国際ジャーナリズム寄付講座、スルターン・カーブース寄付講座(オマーン)の設立に主導的に貢献し、初代東京大学地域研究センター長に就任した。長いこと経団連フォーラム21のアドバイザーでもあり、東大退官後は、明治大学特任教授、三菱商事顧問、フジテレビジョン顧問の仕事にも就いた。
    最近の主な社会貢献では、2016年の9月から「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(天皇御退位問題)に参加し、2015年2月から「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」(略称「21世紀構想懇談会」)委員として戦後70年の「安倍談話」のとりまとめに関与した。「アジア文化交流懇談会」座長として国際交流基金アジア・センターの立ち上げにも参加した。現在、首相の「教育再生実行会議」の有識者委員、「国家安全保障局顧問会議」座長。好角家として日本相撲協会の「横綱審議委員」、「大相撲の継承発展を考える有識者会議」委員長でもある。
    この間、2006年に紫綬褒章を受け、発展途上国研究奨励賞、サントリー学芸賞、毎日出版文化賞(2回)、吉野作造賞(現讀賣吉野作造賞)、 司馬遼太郎賞などを受賞した。最近の主要著作は、『中東国際関係史研究』(岩波書店)、『日本近現代史講義』(共編著、中公新書)、『中東とISの地政学』(編著、朝日新聞出版)などである。
    自分の体験と専門性を生かした人材発見への貢献を願っている。http://yamauchi-masayuki.jp/