メンバー紹介

近藤 保

Tamotsu Kondou

代表取締役

兆株式会社の創業者であり、代表取締役。日本を代表するトップヘッドハンターのひとりである。大学院修了後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。銀行では、支店営業及び本部においてデリバティブ商品(金融派生商品)の営業推進、全社WEBビジネスの企画と推進を行う。2000年より、大手エグゼクティブサーチ会社である縄文アソシエイツに入社。同社の大阪拠点の立ち上げメンバーであり、西日本エリアの責任者を経て、取締役ヘッドハンティング事業部長として全社のエグゼクティブサーチ案件を統括した。その間、サーチ・コンサルタントとしても、金融分野を除くほとんどの業界において、上場企業の社長サーチから、事業承継案件、特殊スペックのエンジニアサーチまで幅広い実績を残す。
自らが理想とするヘッドハンティングを通じ、強く活力ある企業社会を実現すべく、2011年に兆株式会社を設立。現在までに通算約500件以上のヘッドハンティング実績(うち上場企業の代表取締役ポジションに20件余、取締役・執行役員ポジションで約100件)がある。
名古屋工業大学大学院生産システム工学修士

img-kondo

石河 玲子

Reiko Ishikawa

取締役 パートナー

兆株式会社の創業メンバーの一人。取締役 パートナー。慶應義塾大学法学部卒業後、電機メーカーの特許部に勤務、日本における知的財産戦略の勃興期を経験。その後、財団勤務等を経て、1999年に創業4年目の大手エグゼクティブサーチ会社に入社。13年にわたり様々な製造業、プロフェッショナルファーム、流通サービス業等の国内外にわたる企業幹部のサーチに従事。新設の名古屋事務所の責任者を務める等、同社の成長を支える。また、2000年代初頭より、社外取締役招聘プロジェクトを多数手掛けてきた。

2012年より、社会に貢献する企業と変革を担うビジネスパーソンを結びあわせ、豊かな未来創生の一助となるべく、兆に参画。エグゼクティブサーチの他、大学において、キャリアプランニング、職業観醸成等の講演も行っている。
慶應義塾大学法学部法律学科 卒業

img-ishikawa

石部 秀樹

Hideki Ishibe

取締役 パートナー

兆株式会社の創業メンバーの一人。取締役 パートナー。1999年横浜国立大学経済学部を卒業後、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、デロイトトーマツコンサルティングにて組織・人事コンサルティングに約5年間従事。2003年三洋電機に入社。人事部門にて人事制度企画やM&A、組織再編等のプロジェクトに従事した後、2005年より1年半にわたり中国統括会社に人事責任者として駐在。2007年大手エグゼクティブサーチ会社に入社。主に関西エリアの企業の経営幹部、エンジニア等のサーチを手掛ける。2012年兆の創業に参画。主に西日本エリアにおいて、事業系・管理系の経営幹部から、研究者、エンジニア、コンサルタントまで幅広いサーチ実績を有する。
横浜国立大学経済学部経済法学科 卒業

img-ishibe

田邉 芳男

Yoshio Tanabe

パートナー

1978年上智大学卒業後、外務省に入省し、在ソ連日本大使館、経済協力局、大臣官房、欧亜局にて11年間勤務。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに移り、アソシエイトとして4年間勤務し、医薬品事業等のプロジェクトに関わる。
1993年に大塚製薬に入社し、14年半に亘り、役員待遇、後に執行役員として、海外事業企画、経営企画、海外経理、医薬品事業海外企画等の部門長を務める。特に日本発のブロックバスター医薬品となった抗精神病薬”Abilify”の共同開発・共同販売事業のアライアンスマネジメントに携わる。
2008年に貼り薬メーカーのトクホンに移り、6年間勤務。そのうち4年余りは代表取締役社長として成熟企業の再活性化を率いる。2012年にファミリー企業から大正製薬の100%子会社に変わった後も1年間社長を続投し、事業と組織の転換をマネージする。
2014年、約20年のヘルスケア業界における実践経験と人脈ネットワークを生かし、企業改革と産業活性化に貢献すべく、兆に参画。
2016年6月に科研製薬株式会社 社外取締役に就任。
上智大学外国語学部ロシア語学科 卒業

img-tanabe

望月 髙志

Takashi Mochizuki

パートナー

東京大学卒業後、トヨタ自動車に10年在籍。南アフリカを中心に、トヨタ車の海外マーケティング業務に従事。退社後、ジュエリー製造メーカーの光彩工芸入社。同社の販売子会社の社長を務めた後、同社の管理担当取締役として管理部門を統括すると同時に同社の公開(IPO)プロジェクトの責任者として社内体制を整え、1995年に店頭公開。
その後、終身雇用、年功序列が崩れ、激変している日本の経営環境の中で、これからは 「人」の時代だと確信し、98年にエグゼクティブ・サーチ業界に入る。日本コーンフェリーインターナショナル、縄文アソシエイツ、ハイドリック・アンド・ストラグルズジャパン等を経て2015年当社にパートナーとして参画。
20年に及ぶエグゼクティブ・サーチ経験を通じて、製造業から消費財・流通、サービス業、ヘルスケア、メディア・エンターテインメント関連も含む幅広い分野で、数多くの経営幹部(CEO、CFO、営業・マーケティング責任者、人事責任者、工場長、研究開発責任者等)のサーチを成功裏に手がけてきている。また、投資ファンドの投資先企業の経営者のサーチにも実績を挙げている。
日本一を決める「日本ヘッドハンター大賞」にて2010年、2011年2年連続で第一位のMVP(メーカー部門)と優秀賞を受賞
東京大学経済学部経済学科卒業
コロンビア大学経営大学院 MBA
コロンビア大学経営大学院 日本同窓会幹事
元山梨県行政改革委員会委員

img-mochizuki

大澤 久明

Hisaaki Osawa

パートナー

横浜国立大学卒業後、現アクセンチュアに入社。その後海外の二つの教育機関にて修士課程を修了し、A.T.カーニーへ転職。日本、米国、ヨーロッパ等で、戦略、オペレーション、組織改革、システムインテグレーション等のプロジェクトに従事。その後はバイオヘルスケア系のベンチャー企業、グロービス・グループでの人材紹介事業の立上げ及び経営教育事業の拡大、外資系PEファンド投資先企業の事業戦略等を統括した事業経験を経て、エグゼクティブ・サーチに携わる。
30年にわたるソリューションビジネスのクライアントは、日系上場企業、外資系、プロフェッショナルファーム等のトップマネジメントの方々などで、具体的な解決策を提案し、導入・実行を支援。また各企業ではリーダーとして、戦略、営業・マーケティング、IT等の領域をマネジメントし、事業開発、オペレーション開発・運営、組織開発・変革、人事関連全般等を行う。
人・組織のソリューション実績は、人事戦略、幹部・チーム評価、リーダーシップ育成、ビジョン・ミッションの浸透・組織開発コンサルティング等。
またサーチ実績は、経営コンサルタント、M&Aバンカー等のプロフェッショナル、ファンド投資先企業の幹部、日系・外資系事業会社の変革ミッションを実践するトップマネジメントの他、グローバルで活躍する技術者等と幅広い。
横浜国立大学経済学部 卒業
ハワイ大学大学院 政治学修士(MA)、国際ロータリー財団及びハワイ州 奨学生
INSEAD 経営学修士(MBA)

img-mochizuki

中野 庸一

Yoichi Nakano

パートナー リーダーシップコンサルティング担当

25歳で渡米、大学院修了後、ワシントンD.C.にて世界銀行・国際金融公社(IFC)に勤務。IFCではインベストメント・オフィサーとして、エジプト、イエメン、イランなど中東地域の民間企業向けプロジェクトファイナンス業務に従事。
渡米11年で日本に帰国し、マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営コンサルタントとして6年間、国内外の企業の様々な経営課題の解決に取り組んだ。特に戦略遂行のためのリーダーシップおよび組織行動課題のソリューションを得意とした。
その後国内のヘッドハンティング会社である縄文アソシエイツに8年間在籍、CEOやCOO案件を含めた役員クラスの人材紹介を行った。同社の在籍期間の後半は、主に顧客企業のサクセッション・プランニングや、役員評価などのリーダーシップコンサルティングを提供した。
2011年以降は米国系の大手人材コンサルティング会社のハイドリック・アンド・ストラグルズの日本法人にて、CEOやCOOの紹介、およびCEOや役員候補のリーダーシップ向上のためのエグゼクティブ・コーチング並びにサクセッション・プランニングに関するコンサルティングを行った。
現在は兆株式会社において、リーダーシップコンサルティングを提供している。
慶應義塾大学経済学部卒業
慶應義塾大学院経営管理研究科修士(MBA)
米国タフツ大学国際関係大学院フレッチャー・スクール修士(MALD)

img-namai

白澤祐子

Yuko Shirazawa

コンサルタント

出版・マスコミ業界でキャリアをスタートし、2002年よりエグゼクティブ・サーチに携わる。日系大手のサーチ会社である縄文アソシエイツにて6年間リサーチ業務の経験を積み、その後、米国系の人材コンサルティング会社大手であるハイドリック・アンド・ストラグルス日本法人にて、インダストリアル領域、およびジャパン・デスクのシニアアソシエイトとして8年間勤務。大手製造業、サービス業のCEO、CFOポジションや外資系企業のカントリーマネージャーポジションなどの案件においてリサーチおよびサーチエクセキューションを担当し、多くの実績を上げた。2016年に兆に参画。豊富な経験に基づく綿密で丁寧な仕事ぶりに定評があり、現在はコンサルタントとして、幅広い業種のシニアポジションサーチ案件で活動中。

Yuko Shirazawa